効率良くお金を得るために
資産運用をしてみよう

賃料設定の動向

不動産管理会社を利用するという選択肢

しかし賃貸へのニーズが多様化して時代とともに人気物件のスタイルも変わってきたために、専門業者のサポートも必要であろう。そのために近年では不動産管理会社を活用して、古くなった物件でも近隣の家賃相場に見合った収益を実現しているのが特徴的である。また不動産管理会社のマーケット調査のサービスの活用で、家賃相場を調査しながら最適な家賃の金額設定も行えるであろう。そして空室率を下げられるだけではなくて、満室を最終目標にできるであろう。また新規にマンションやビルを建設するときにも、地域の賃貸需要に合った建物を建設できるであろう。

最近では賃貸経営を行う人が増えているので、オーナーの間で家賃の引き下げ競争が起きているのが実情である。しかし地域の家賃相場以上の高い金額を設定しても、満室を実現している物件があるのが特徴的である。特にデザイナーズ物件のように高付加価値の賃貸経営を行うオーナーであれば、平均的な家賃相場の2割増しの賃料設定でも、満室が実現できるであろう。しかし一方で古い物件を数多く抱えるオーナーの場合には、敷金や礼金を無料にしたりフリーレントを提供するなど、独自の努力によって入居者を確保しているのが現状であろう。しかし老朽化した物件のオーナーであっても、入居者との対話を深めて地道に改善の努力を行うことで、退去者を減らせるので安心である。