効率良くお金を得るために
資産運用をしてみよう

施工のポイント

駐車場は舗装もせずにそのままの状態で車を停めることは出来ます。しかし雨水による泥濘や水溜まりも出来やすいので理想的とは言えません。 自宅において敷地の一角に駐車場を設ける場合には、まず地盤の堅さに気をつけて、道路面よりも高いことを確認した上で勾配を付け、スペースを確保することが必要です。 注意点としてはコンクリートを打つにしても割れや欠けを防ぐために下地の砂利を厚さ15センチぐらい敷いて付き固め、その上にスペーサーなどをかませて直径13センチ以上の鉄筋を縦横に必要な間隔で配筋してコンクリートを厚さ15センチぐらいに打つ必要があります。 これだと雨水も勾配に沿ってはけることができるので水溜りも出来ず長きに渡ってクラックなども生じずに使用できるものと思われます。

駐車場は家屋の内部に設けることも出来ます。その場合には1台のスペース分だと余り差し支えないとは思われますが、2台を横に並べて設ける場合には問題もあります。 地震の起こった場合に1階部分が間口が広いと耐震壁としては偏りのある構造になります。縦横平均して耐震壁を設けるのが基本ですから、何らかの補強方法を考えて施工する必要があります。 地下に駐車場を設ける場合には地下部分から道路面に出るところで安全性を確保できるようにスペースや斜路部分にゆとりを設ける必要があります。 地下部分は雨水が浸入し易いものですからその処理方法や防水施工は検討事項になります。 最近では省エネが重要視されて来ています。縦列で駐車を行う場合には骨組みを設けて屋根を貼り、そこにソーラーパネルを施工して太陽光発電を行うことも行われています。この場合施工においては強風などで吹き飛ばされない処置を施すことが求められます。