会社内での改善点を発見しよう【ES調査を実施する利点とは】

CS満足向上にもつながる

男性

定量的なデータを取得

企業にとっては、顧客満足度向上がいつの時代も大きな課題と言えます。そのためには様々な施策を展開します。ですが、近年では顧客満足度向上は、従業員満足度が高くなってこそ実現が出来ると考える企業が多くなっています。そういう流れの中でES調査を実施する企業が多くなりました。ES調査とは、従業員満足度調査を表し、コンサルティング会社を中心に実施することになります。調査内容も、各社の特色を前面に出したものが多く、自分の会社に合うものが選びやすくなっています。近年では働く人たちの価値観も多様化しています。高度経済成長を代表格とする仕事中心の生活から、仕事とプライベートのバランスを意識する人も多くなりました。公私ともに充実させるためには、一日の多くを過ごす会社での過ごし方も大きな要素になります。ES調査を行うことで、定量的な情報を得ることが出来ます。会社の制度、職場環境、仕事の内容、上司や同僚などとの人間関係などが主な調査対象となります。ES調査を実施することで得た情報を元に、社員の意識や問題点、組織や制度などの歪みなどをあぶりだすことが出来ます。社員の数が多ければ多いほど大変な作業になり、全ての社員の希望を汲み取ることは難しいですが、より不満の少ない企業にするためには、避けて通ることのできないのがES調査と言えるでしょう。一部門の取り組みでは、改革や改善は進みません。得た情報は各部門で共有し、問題点を把握することが大切です、

Copyright© 2017 会社内での改善点を発見しよう【ES調査を実施する利点とは】 All Rights Reserved.